外国人留学生の分類と国際交流、国際貢献

日本には、約208、000人ほどの外国人留学生がいます。この人たちを分類すると、?国費留学生、?私費留学生、?短期・交換留学生の3種類に分けることができます。


国費の学生とは、研究や教員研修などの高度なプログラムを課せられた人たちで、日本大使館の推薦、大学の推薦、国内での選考により選ばれた、本国を代表するエリート候補生といっても過言ではありません。


彼らには生活費や滞在費などが十分に支給されるため、奨学金を得る必要はないと言われています。


その分を研究や研修に充ててほしいというのが、本国と我が国の願いでもあるのです。彼らの数は10、000人にも達しておらず、全体の20分の1程度と考えられます。それだけ狭き門をかいくぐり、選ばれた人たちなのです。



彼らは、高度な研究・研修の後、本国に帰り、日本と母国とを結ぶ貴重な懸け橋となってくれることが期待されています。一方、大多数を占める私費留学生ですが、中国からの学生が多数を占めているのが現状です。中国では、対日教育をあまり好ましくない形で行っていると聞きますが、中国からの学生の多くは「日本人がこれほど親切だとは思わなかった」「なんて心が温かく豊かな国なんだ」という気もちをもって本国へ戻っていく人が多いようです。

livedoorニュースのサイトが登場しました。

国際交流・国際貢献の根源は、人類の永遠の平和のためにあると言われます。

彼らが母国に戻り、間違って植えつけられた先入観を払しょくし、それを多くの人々へ伝えてくれることを願ってやみません。

目的に応じて留学に有効なサイトです。

ひとりでも多くの外国人学生が日本に滞在し、日本の良さ・素晴らしさを心から体感して欲しいと願うばかりです。